2021年度 SIC 顧問講演会 報告書
           テーマ 近代和風住宅の魅力   講師 土屋和男 先生(常葉大学)
                   
                   
  ・日 時 :2021年12月 9日(木)15:00 ~ 17:00        
  ・場 所:zoom              
 

・参加人数:20人

             
 「近代和風住宅の魅力」と題し、SICの顧問をしていただいている土屋和男先生による講演がzoomにて行われました。
今回のテーマである「近代和風住宅の魅力」は来年2月にSICでの企画で予定している建築探訪とリンクした内容でお願い
したいというこちらからの提案を先生が快く引き受けていただき、近代和風建築でも探訪出来そうな静岡にゆかりのある  
建築物を中心とした内容としていただきました。
                   
 ちょうど12月のこの時期、NHK大河ドラマ「晴天を衝け」では明治の混沌とした時代が描かれ、渋沢栄一と三菱の創設者である岩崎彌太郎との経済での駆け引きが大詰めを迎えている頃でした。
まず、紹介されたのがその彌太郎の息子岩崎久彌の本邸でコンコルド設計の洋館。 「晴天を衝け」では彌太郎を演じた中村芝翫の迫力ある演技が脳裏あり、タイムリーで個人的にとても入りやすかったです。
そして、久彌の別邸、京間と関東間をうまく使い分けた三養荘(伊豆の国市)。さらに田中光顕の別邸、洋小屋組が特徴 の古谿荘(富士市)。
そして西園寺公望の別邸、桐と竹の欄間が印象的な坐漁荘(清水区興津)と静岡ゆかりの建物を次々と詳細な写真と細部に わたる先生のご説明と。。PC画面を観ながらもいつしかその現場にいるかのような錯覚を覚えました。言い換えれば、先生 がお持ちの写真は特別の許可での撮影のもので、集中して先生の説明が聞けたという意味では、zoomでの講演も良かった と感じました。 
先生の引き出しは奥深く、「近代和風住宅の魅力」を語るには後2回は必要とおっしゃていました。ですのでこの企画は 後2回は続きがあり、とても楽しみです。 年末というお忙しい中講演して頂き、土屋先生には感謝いたします。 担当理事:澤本幸伸
 

2021年度SiCオンラインセミナーvol.1報告書

ニチベイ「窓から始める快適な暮らしセミナー」

 

・日時:2021618日(金)14001600

・場所:ZOOM(三河営業所から中継)

・参加人数:11+ニチベイ 挟土所長・倉野様

・担当理事:松村裕子

 

今回のセミナーは、挟土所長、倉野様が三河営業所ショールームへ出張していただきリモートでのショールームツアーとなりました。

 

コロナ禍で展示会案内も止まっており、新商品を目にする機会が少ないところ2020511日モデルチェンジのロールスクリーン"ソフィー"、縦型ブラインド"アルペジオ””ソーラーV"から、今年202161日モデルチェンジの3D調光ロール”ハナリ”・スライド式調光ロール"レユール"までの新商品をメインに説明をしていただきました。